ご自宅の屋上について、修理や修繕を考えたことはありますか。 日ごろからこまめにメンテナンスはしているでしょうか。

普段、特に注意して見ることのない場所ですし、大きなトラブルが頻発する場所ではありませんから、あまり気にかけることはないかもしれません。 しかし、普段気にしない場所だからこそ、トラブルが起きてからでは手遅れということがよくあります。

屋上の床にひびやしわがあったり、排水溝がさびていたりしていたら、できるだけ早く専門の業者に見てもらったほうがよいでしょう。

さまざまな業者があり、どういったところに頼めばよいのか不安に感じることもあるかと思うので、業者に頼む際には、まず数社から見積もりを出してもらいましょう。

工法や費用について丁寧に説明をしてくれる、信頼できる業者を見つけることが大切です。

また、複数の見積もりが取れる、防水工事の見積もりサイトもあります。 上手に利用していきましょう。

このサイトでは、屋上の防水工事に関する情報をのせています。

太陽光と一体化した屋上防水のメリットその3

引き続き、日本で初めて作られたのが住ベシート防水のサンロイドDMソーラーシートのメリットを順番にご紹介します。 ◆フラットな太陽光発電なのに10%以上の電量取得 太陽光発電と言えば、太陽に向けて角度付けてパネルを設置する事で、発電を発揮させます。 屋上防水と太陽光発電パネルをプラスした防水シートですので、フラットな太陽光パネルとなります。 一見発電量が乏しいように思えるかもしれませんが、特殊な太陽電池を防水シートに装着しているので発電量が高く、 一般的な結晶系太陽電池よりも10%以上多い発電を行う事が出来ます。 ◆防水層も太陽光発電も10年保証 防水層と一体化した太陽光発電ですので、防水層と同じ期間の保証期間となります。 10年の防水保証が付いている物が定番であり、10年間は不具合に対応してもらう事が出来ます。 更に、太陽光発電装置が付いている防水層は特殊な防水シートを採用しているので、一般的な防水シートよりも寿命が長い特徴があります。 ◆低照度時にも発電可能 太陽電池は低照度を受けると、発電しにくい傾向があります。 防水層と太陽光発電とが一体化した防水シートは、一般的な結晶系の太陽電池と比べると低照度でも多く発電効果を発揮してくれます。 曇りの時や朝晩等、照度が低い時でも発電を発揮してくれますので、多くの蓄電を得る事が出来ます。

太陽光と一体化した屋上防水のメリットその2

引き続き、日本で初めて作られたのが住ベシート防水のサンロイドDMソーラーシートのメリットを順番にご紹介します。 ◆軽量な太陽光発電 太陽光発電装置を設置すると、パネルや金具、架台が必要となるので、屋上にかかる荷重の負担が非常に大きくなってしまうのが難点と言われています。 防水層の中に太陽光パネルの要素が入っているシートですので、太陽光発電装置を設置するのと比べて、1/20程の重さにする事が出来ます。 重さを気にする事なく太陽光発電効果を設置出来るので、大きな面積に施工をしても大きな重量がかかる心配がありません。 ◆工期削減が可能 防水工事と太陽光発電を1度に施工出来るので、工期が大幅短縮されます。 防水施工の工期のみで、太陽光発電装置設置も行う事となります。 ◆夏場に強い太陽光発電 太陽光発電と言えば、暑過ぎると発電量が衰えてしまう難点があります。 防水層と太陽光発電のパネルが一体化しているシートは、夏場の発電量の低下が少ない太陽光発電です。 年間の発電量を、一般的な太陽光発電装置より10%程高くする事が出来ます。

太陽光と一体化した屋上防水のメリットその1

前にお伝えした、日本で初めて作られたのが住ベシート防水のサンロイドDMソーラーシートのメリットを順番にご紹介します。 ◆狭く凹凸がある場所でもソーラーパワー 太陽光発電装置を設置する場合は、ある程度の広さと平坦さが必要となります。 防水層と太陽光発電のパネルが一体化しているので、狭い部分でも凹凸がある部分でも施工が可能です。 R面であっても、下地の25㎜の断熱材を敷く事が可能であれば、施工可能です。 従来太陽光発電設置が難しいと言われていた屋上でも、太陽光発電を可能にする事が出来ます。 ◆軽量な太陽光発電 太陽光発電装置を設置すると、パネルや金具、架台が必要となるので、屋上にかかる荷重の負担が非常に大きくなってしまうのが難点と言われています。 防水層の中に太陽光パネルの要素が入っているシートですので、太陽光発電装置を設置するのと比べて、1/20程の重さにする事が出来ます。 重さを気にする事なく太陽光発電効果を設置出来るので、大きな面積に施工をしても大きな重量がかかる心配がありません。

太陽光と一体化した屋上防水で太陽光発電を叶えよう

太陽光発電が流行ってきている昨今、なんと防水シートと太陽光発電とが一体化した防水シートがございます。 今は色んなメーカーから出ていますが、日本で初めて作られたのが住ベシート防水のサンロイドDMソーラーシートです。 防水層と太陽光発電とが一体化しているので、2つの効果を1つの材料で発揮させる事が出来る大変画期的な防水です。 防水層と太陽光発電を一体化にする事で、様々なメリットを発揮してくれます。 順番にご紹介していきます。

環境に優しい新しいアスファルト防水の利点

環境に優しい新しいアスファルト防水の利点をもう少し挙げてみましょう。 ◆有機溶剤や化学物質を含まない防水層 常温工法のアスファルト防水ですので、溶融の際に発生させてしまう溶剤や化学物質を発する事がありません。 作業者や近隣に余計な臭いや負担をかけずに施工する事が出来るので、安全性が高いアスファルト防水となります。 また、溶融しない事で現場周辺を汚す事もありませんので、綺麗な防水層を作る事が出来ます。 ご近所への影響を気にせずアスファルト防水が出来るので、安心して工事を行う事が出来ます。 ◆火事等の心配が不要 アスファルトを溶融しないアスファルト防水ですので、従来のように火を使う事がありません。 その為、現場の安全性が高まります。 ◆作業性の向上 アスファルトを溶融しながら防水層を作る工法ではないので、施工器具が少なく作業性を高める事が出来ます。 一般的なアスファルト防水と比べて、工期を短くさせる事が出来ます。 ◆溶融しないので室内の防水にも使う事が出来る 溶融したアスファルトを使用しないアスファルト防水ですので、屋外だけではなく室内の防水にも採用する事が出来ます。 機械室や地下倉庫の床等、室内で床の防水を高めたい場所も床にも、安心して使う事が出来ます。 アスファルト防水は臭いが嫌だと敬遠される事もありましたが、常温で施工が出来るアスファルト防水であれば 臭いを気にせず工期短縮にも繋げながら、防水工事を行う事が出来ます。 アスファルト防水は寿命が長い防水であり、常温アスファルト防水は防水の改修工事にも最適ですので是非検討してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ