「防水工事の工法」の記事一覧

アスファルト防水について

アスファルト防水とは、合成繊維不織布に対してアスファルトを浸透させコーティングしたものを、貼り重ねていく防水方法です。 このアスファルト防水には100年以上の歴史があり、現在でも防水業界において主流な工法として使われているため、信頼性の高い防水であると言えます。 アスファルト防水の信頼性の高さは歴史だけでなくその防水性にもあり、施工を行うことで一点の隙間のない連続した防水層が完成ます。 アスファルト防水にも種類があり、熱工法、トーチ工法、常温工法などがあります。 それぞれの特徴としては、熱工法の場合は、アスファルトを全面に貼るので隙間ができにくく防水性能が高いことです。 トーチ工法の場合、大規模な設備がいらないので簡単な作業で防水層を作ることができ、煙がほとんど出ないため手軽にできることです。 常温工法の場合は火器を使用しないで作ることができるため、環境にやさしく人にも危険が及ばないメリットがあります。

FRP防水について

繊維でできている強化型のプラスチックを上手く採用していけば、FRP防水のノウハウも上手く活用していくことができるようになっていく可能性が見込めます。継ぎ目のないシームレスタイプを採用しているということも有って、防水における内容にも大いなる期待が出ていくことにもつながるのです。さらに軽量化やコストダウンを望む消費者のニーズに応えていくような状況を前面に打ち出していけば、FRP防水への理解やその技術のすごさにも気が付くことができ、工事の受注も自ずと増えていくようにもなっていくわけです。 また自然災害などが多い地域では防水の機能を公共の施設でも必要にしていることから、特性を生かしたシステムの採用が重要な意味合いを持つのです。住宅着工の企業からの依頼を受けるようにしていくことで、全体的な需要を増やすきっかけにもつなげていく方向性が出ていくのです。よって、FRP防水は日本が誇る技術の結晶でもあるわけです。

シート防水について

シート防水とは、合成ゴムやプラスチックなどのシートを使用し、それらを接着剤などで下地に取り付けて防水施行する施工方法です。 シート防水で使用されるシートには塩化ビニル系と合成ゴム系の2種類があり、それぞれの違いとしては耐久性や値段などがあります。 シート防水の特徴は、材料の性能が安定しているので耐久性に優れていることや下地に亀裂が入った場合でも影響を受けづらいことなどがあります。 そのほかのシート防水のメリットとして、工期を短縮できることとコストの削減ができることなどがあります。 これは、従来の方法を使うと下地の乾燥を待つ必要があり、下地処理がいらない分の工期が短縮できその分コストダウンが可能となるのです。 さらに、廃材も少なくなります。 シート防水のデメリットとしては、シートを取り付けていくという構造上の問題としてつなぎ目が弱点になってしまうことや、局面のものに対して施工しづらいというものがあります。

雨漏りにはウレタン防水

自宅などで雨漏りが出てきたらウレタン防水が効率よくて雨漏りには大変効果があります。 また液体状の材料なので、複雑な形状など場所でも継ぎ目のない防水効果があります。 最近ではウレタン防水などを施工してくれる専門の業者さんも多く存在しているので、雨漏りに困っている人には大変便利で、費用などを比較をして効率の良い業者に依頼をする事もできるので便利です。 そして初めてウレタン防水をする人は事前にインターネットでウレタン防水について多くの情報を簡単に手に入れる事ができるので安心をする事ができます。 また業者もホームページなどで施工や費用などについて詳しく掲載をしているので理解がしやすくなっています。 ウレタン防水の見積もりなどもインターネットで請求をする事もできるので、忙しい人でも簡単に費用の比較をする事ができます。 そしてインターネットのクチコミサイト等にも多くの体験談があるので、初めてでも安心をしてウレタン防水をして雨漏り対策ができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ