「防水工事の基礎知識」の記事一覧(2 / 2ページ)

防水工事の保証制度

新築の場合、リフォームや改修工事の際に建物の防水工事をした場合、防水工事保証制度というものがあります。 一般的には最長で10年となっています。 また定期メンテナンスも含まれている場合も多いです。 基本的にメンテナンスを行わなければ、修理が必要かどうか判断するのは難しくなります。 防水機能が働いてない状態で何年も経過してしまうと、表立った故障はないにしても建物の痛みに影響してしまいます。 よって、保証に加えて定期メンテナンスなどのサポート体制も大切となります。 防水広報も色々な方法があります。 その方法によって耐用年数も変わります。 また建物の種類や老朽化などによっても異なります。 建物に合わせた防水工事が必要となります。 中には数十年持つものもありますので、施行前にどのような方法で耐用年数も確認しておくといいです。 保証する会社は基本的に、防水工事を行った会社、材料のメーカー、元請けの会社と3社になります。 保証は事故などによるものは対象外となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ