「防水工事の基礎知識」の記事一覧

既存折板の上に塗膜防水を採用する理由

折板を張り直すのではなく既存折板の上に塗膜防水を採用する事が多くなった事には、様々な理由があります。 ◆折板張り替えの際の雨の被害を受けない 折板を全て撤去して張り直すという事は、剥がして張り直すまでに折板の屋根効果を発揮させる事が出来なくなってしまいます。 その間雨が降ってしまうと、屋根より雨水が浸入してしまいます。 簡単に雨漏りに繋げてしまい、屋根下地や内装材等をダメにしてしまう可能性があります。 折板屋根を行っている建物は面積が広いので、既存折板を剥がして張り替え終わるまでは最低でも2週間かかってしまいます。 その間に雨が降らないなんて有り得ませんので、ほぼ100%雨の被害を受けてしまう事となってしまいます。 ◆折板全てを防水材で覆うので一気に雨漏りをシャットアウト出来る 折板の上に塗膜防水を乗せる工法ですので、屋根の上にもう1個新規で屋根を作るのと意味は同じになります。 その為、一気に雨漏りを防ぐ事が出来ます。 ◆雨音を軽減させる 折板屋根の上に施工する塗膜防水は、下地にFP板の断熱材を敷き込みます。 FP板には吸音効果がありますので、雨音を吸収してくれます。 今まで折板屋根に直接当たってうるさかった雨音が、嘘のように気にならなくなります。 今まで不可能だった、ひそひそ話が出来るようになった建物も多く存在します。 ◆防水層が折板のサビを止める 防水層で雨水を全てシャットアウトするので、古くなった折板のサビを止める事が出来ます。 錆びにくい折板になるので、折板の耐久性を高める事が出来ます。 ◆太陽光の熱を建物内に伝えるのを遮断させる FP板の断熱効果により、太陽熱を屋根から建物内部に伝えるのを軽減させる事が出来ます。 夏涼しく冬暖かい、快適な建物にする事が出来ます。 工場や体育館などの大きな建物の折板屋根は、折板屋根の補修や折板屋根を張り替えずに、防水工事のカバー工法を行う事が1番適切です。 折板屋根の状態が悪くなってきたら、防水のカバー工法を検討しましょう。

折板屋根の改修工事に採用してほしい防水カバー工法

折板屋根のメンテナンスと言えば、接合ボルト部分や重ね部分の雨漏り等の不具合を補修する事が大半です。 しかし、折板屋根は工場や体育館などの大きな建物に使う事が多く、大変大きなスパンですのでボルトの留め付け部分とジョイント部分が多く存在します。 折板は動きが多い屋根材ですので、折板の留め付け部分やジョイント部分には大きな負担がかかってしまい、 様々なボルトやジョイント部分から雨漏りを起こしてしまう事があります。 ボルトやジョイント部分の接合部分は、面積が大きい分非常に多く存在します。 全てのボルト部分やジョイント部分の補修を行うのは、難しいと言えます。 その為、雨漏りを完全に防ぐ事はかなり難しいでしょう。 折板の雨漏りを完全に防ぐ為に近年採用されるようになった工法が、折板屋根の上に塗膜防水を行う方法です。

環境に優しい新しいアスファルト防水の利点

環境に優しい新しいアスファルト防水の利点をもう少し挙げてみましょう。 ◆有機溶剤や化学物質を含まない防水層 常温工法のアスファルト防水ですので、溶融の際に発生させてしまう溶剤や化学物質を発する事がありません。 作業者や近隣に余計な臭いや負担をかけずに施工する事が出来るので、安全性が高いアスファルト防水となります。 また、溶融しない事で現場周辺を汚す事もありませんので、綺麗な防水層を作る事が出来ます。 ご近所への影響を気にせずアスファルト防水が出来るので、安心して工事を行う事が出来ます。 ◆火事等の心配が不要 アスファルトを溶融しないアスファルト防水ですので、従来のように火を使う事がありません。 その為、現場の安全性が高まります。 ◆作業性の向上 アスファルトを溶融しながら防水層を作る工法ではないので、施工器具が少なく作業性を高める事が出来ます。 一般的なアスファルト防水と比べて、工期を短くさせる事が出来ます。 ◆溶融しないので室内の防水にも使う事が出来る 溶融したアスファルトを使用しないアスファルト防水ですので、屋外だけではなく室内の防水にも採用する事が出来ます。 機械室や地下倉庫の床等、室内で床の防水を高めたい場所も床にも、安心して使う事が出来ます。 アスファルト防水は臭いが嫌だと敬遠される事もありましたが、常温で施工が出来るアスファルト防水であれば 臭いを気にせず工期短縮にも繋げながら、防水工事を行う事が出来ます。 アスファルト防水は寿命が長い防水であり、常温アスファルト防水は防水の改修工事にも最適ですので是非検討してみましょう。

環境に優しい新しいアスファルト防水とは

アスファルトルーフィングといえば、非常に評価が高い頼もしい防水工法です。 しかし、防水施工の際に発生する煙などの臭気が問題視され、どうしても敬遠されがちな防水工法と言われています。 アスファルト防水は優れた防水工法という部分をくみ取って、不具合部分を解決できないかと開発されたのが、常温アスファルト防水です。 従来の溶融したアスファルトを使うアスファルト防水と何が違うのか、ピックアップしてみました。 ◆常温でアスファルト防水が出来る1液性 従来のアスファルトルーフィングは、アスファルトを窯で溶融した物を接着剤代わりに使って使って防水層を作る工法が大半でした。 常温アスファルト防水は、1液性の無溶剤のアスファルトを使ったアスファルト防水工法ですので、溶融作業が一切ありません。 その為、アスファルト防水独特の不快な臭いを工事中に発する事がありません。 ◆環境に優しい 1液性無溶剤を使用するので、嫌な臭いや二酸化炭素の発生が一切ありません。 アスファルト防水特有の溶融アスファルトの塊を使用しないので、アスファルト防水工事の際ののゴミを出にくくさせる事が出来ます。 産業廃棄物の量を最小限に留める事が出来るので、環境に良いアスファルト防水を実現する事が出来ます。 ◆重圧なアスファルト防水層を作る事が出来る 新設計のアスファルトルーフィングにより、積層を一体化させる事が出来るアスファルト防水です。 その為、防水の重さを軽くしながらしっかりとしたアスファルト防水層を作り、水密性と耐久性に富んだ理想的なアスファルト防水層を作る事が出来ます。

防水施工技能士になるためには

国家資格のひとつでもある「防水施工技能士」は、建物などの設備一般を雨をはじめとする自然災害から守っていくためには欠かすことのできない重要な任務です。素人が防水工事を行うには限界もあるため、こういった資格を有する専門的な人の需要が多くなるわけです。 また昨今災害が多い我が国であるがゆえ、防水工事にまつわる依頼は想像以上に増えているのです。 個人が申し込むといった場合でも10万程度で一軒家全体を賄ってくれるといった内容がホームページ等を見れば目につく時代でもあるため、利用するのであれば賢い選択をするようにしていくことが大事です。 さらに専門的な知識を身につければ、副業として退職後にも仕事ができるのが防水施工技能士の特徴でもあることから、建設関連に自信のある方であれば目指してみるという事柄も十分に有りとなっていくのです。 人々を守っていく重要な任務を任されているという誇りを持って、まずは内容を見ていくことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ