防水工事のメンテナンスを行う事は問題解決に繋げなくてはいけない

防水工事のメンテナンスを行うという事は、問題を解決する為に行う工事という事になります。
その為、防水工事のメンテナンス完了後は、問題が全て解決していなければ意味が無いという事となります。
きちんと問題解決が出来るよう、最適な防水工事のメンテナンスを行いましょう。
防水工事のメンテナンスを行う際の問題は、これらが挙げられます。

・屋上防水からの明らかな雨漏り
・屋上防水の表面劣化が気になる
・防水ドレンの流れが悪い
・外壁からの明らかな雨漏り
・外壁表面の劣化
・外壁コーキングの切れ
・内壁や天井に雨染みがある
・家の中が明らかにカビ臭い

防水工事のメンテナンス完了後、これらの不具合がスッキリ解決する事で防水工事のメンテナンスが完了したと言えます。
防水工事のメンテナンスを完了したのに、これらの不具合が解決していないようでは、防水メンテナンスの意味がありません。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ