防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントその1


防水工事のメンテナンスを依頼する際に、様々な疑問にぶち当たる事があると思います。
防水工事というのは特殊な工事ですので、疑問に思っても解決できない人は多いと思います。

◆防水工事のメンテンスは防水屋さんに依頼するべきなのか
防水工事のメンテナンスは防水屋さんが行うのですが、メンテナンスの場合は防水部分以外も絡んで防水のメンテナンスを行う場合があります。
その為、防水屋さんにメンテナンスを依頼すると、防水以外に行わなければいけない部分のメンテナンスが出来ず、
防水のメンテナンスを万全に行っても雨漏りする防水にしてしまう事があります。
防水に付属している部分の脆弱な部分の耐久性を高めなくてはいけない場合がありますので、
他の取合い部分のメンテナンスを行う事も出来る業者に依頼する事がベストです。
様々な部分も含め、万度なメンテナンスに導く事が出来ます。

◆数年後に防水工事を行う前の延命措置は可能なのか
数年後に防水工事のメンテナンスを行おうと思っているけれど、既に防水の劣化が気になるようになり、
どうにかならないのかと気にされる方も多いと思います。
そういう場合は、トップコートを塗布して延命措置を行いましょう。
防水層のトップコートは、塗料と同じように扱って塗布します。
その為、DIYで行う事も可能と言えますが、均一な厚みで塗布をしなければ防水効果を上手く発揮してくれません。
丁寧に均一に塗布を行うようにし、自信が無い場合は業者に依頼して塗布してもらいましょう。
また、ドレンの清掃も延命措置には欠かせないので、こまめに行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ