防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントその3

防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントももう3回目となりましたね。

◆音や臭いは発生しないのか
アスファルト防水は独特のアスファルトの臭いを発してしまい、塗膜防水も多少の塗料の臭いを発してしまいます。
また、足場の上り下りの際に金属音を発してしまいますので、多少の騒音となってしまいます。

◆防水工事の目安の日数
防水の種類や屋上の広さにもよりますが、一般的には足場設立、防水工事、足場撤去までの期間に2週間程かかります。
屋上での工事ですので、この間ずっとお客様が自宅に居なければならないという事はありません。

◆防水工事は資格が必要な工事?
防水工事は、その防水工事の種類別に技能士があります。
アスファルト防水、シート防水、塗膜防水等、防水の種類ごとに分かれています。
その防水工事ごとの技能士を持っている人を1人以上配置しなければ、防水工事を行う事が出来ないという決まりになっております。

この様なポイントを把握して防水工事のメンテナンスを計画すると、非常にスムーズに工事を行う事が出来ます。
防水工事というのは通常見えない部分の工事となりますので、他の工事と比べると非常に解りにくい工事となります。
その為、解らないままに工事を依頼するのではなく、納得できない事は業者に問い合わせて納得した上で防水工事を行ってもらうようにしましょう。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ