防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントその2

引き続き、防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントについてお話しします。

◆防水のメンテナンスの際は外壁メンテナンスも一緒に行おう
防水のメンテナンスの際には外部足場を設立するので、外部足場設立の際に一緒に行う事が出来るメンテナンスは一緒にすべきです。
外壁の高圧洗浄や塗装、コーキング、軒天の塗装等、防水工事のメンテナンスの際に一緒に点検をし、
不具合があれば一緒に行う事で外部足場の仮設費の節約に繋がります。
建物1件にかかる外部足場の費用は想像以上の高さですので、1度で済むように他のメンテナンスも行う事がコストダウンに繋がります。

◆なぜ防水層のやり直しの方が新築の防水工事より高くなるのか
防水層のやり直しのメンテナンスの場合は、既存防水材を剥がして不具合部分を補修した後、新規防水工事を行います。
新築の際の防水工事は、撤去や補修費用がかかりません。
したがって、費用に誤差が出ます。
劣化した状態を補修した上で新しい防水層施工となりますので、自ずと費用が高くなってしまいます。

◆狭小地の屋上防水でもメンテナンスが可能なのか
狭小地の場合は、屋上に上がる際の足場設立に問題が発生してしまいます。
外部ビデ足場の設立が難しい場合は、奥行き600㎜等の狭い外部ビデ足場を採用する事も可能です。
奥行き600㎜の足場材の設立も難しい場合は、高所作業車にて外部足場の代わりとする事も出来ます。
狭小地でも施工は可能ですので、問題ありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ