軽くて重宝する防水層シート防水の特徴

防水層は屋上に施工するので、出来れば建物に余計な荷重をかけない軽い防水層が理想となります。
屋根部分を重くしてしまうと建物の上部が重くなってしまうので、耐震性が乏しくなってしまいます。
少しの動きでも大きく揺れてしまい、建物の劣化へと繋げてしまうので良くありません。
数ある防水工事の中で、防水層が軽いシート防水についてご紹介をします。

シート防水は、厚み1.2~2.5㎜程度の特殊なシート材と接着剤を用いて防水層を作り、トップコートで仕上げる防水工事です。
シートと接着剤とトップコートの3つを併用する事で、メリットの高い防水層を作る事が出来ます。
シート防水の特徴を、まとめてみました。

◆追従性のある防水層
伸縮性があるシート材を用いて防水塗料を塗布しながら作る防水層ですので、ある程度の動きに追従する防水層とする事が出来ます。
建物の伸縮や地震等の動きに追従するので、ある程度の動きがあっても防水層が切れる事がありません。

◆既存のどんな防水材でも施工が可能
どのような下地であっても施工が可能ですので、防水のメンテナンスのかぶせ工法に採用する事も可能です。
下地に既存の防水材があっても施工が可能ですので、撤去費用がかからずコストダウンに繋げる事が出来ます。

◆耐久性が高い
耐久性が高い強靭な防水ですので、太陽光発電装置の設置や歩行も可能です。
また、耐根性もありますので屋上緑化も可能です。
メンテナンスがかかりにくい防水層ですので、積水ハウスやヘーベルハウスなどの屋根上に採用されている防水です。

◆施工の難易度が高い
特殊な工法なので、技術者が少ない傾向があります。
その為、シート防水はシート防水専門業者で施工を行う場合も多くあります。
一般的な防水屋さんではシート防水の施工を行った事が無い場合も多いので、必ずシート防水経験がある業者に施工をお願いしましょう。

◆特殊防水なので価格が高価
シート防水は特殊な材料を使用するので、防水工事の費用が高価です。
業者によって差がありますが、㎡当たり5,000円~7,000円程度となります。
その為、他の防水工事で済ませようと思う方も沢山いるようです。
12~15年の長い寿命を得る事が出来、長い場合は20年持つ事もあります。
非常に手間がかからない、扱いやすい防水と言えます。
費用には代えられない素晴らしい効果を発揮してくれるので、費用だけで判断しないようにするべきと言えます。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ