私はこうして、防水工事を80万円安くしました

ハウスメーカーで防水工事の見積もりを取ると「210万円」。
防水工事一括見積サイトを利用すると「130万円」。
ごく一般的な90平方メートルの家でも、この程度の差が出ることがあります。

その差、なんと「80万円」。
かなり大きな金額です。

さて、ここで注目したいのは、
「210万円」の見積もりを出してきたのがハウスメーカーであったということ。

ハウスメーカーの仕組み、ご存知ですか?
家を建てるときのためにも
ちょっと頭の隅っこに置いておいていただきたい事実をご説明します。

・ハウスメーカーは「総合商社」
もちろん、魅力的な「規格化住宅」の開発は行っていますが、
実際に施工するのは地元の下請け業者です。
まずここにマージンが発生しますね。

また、不必要に大きな展示場モデルハウスの建設・維持管理、
役者さんを起用した大々的なテレビCMなどの経費が
施主の支払う建築費用に上積みされています。
気付いておられましたか?

メンテナンスとして、再塗装や防水工事を行う際も同じこと。
窓口はハウスメーカーであっても、
下請けの専門業者に投げておしまい、が一般的です。

同じ業者が同じ工事をするにしても、
窓口であるハウスメーカーがマージンを持って行くわけですから、
単純にこれだけの金額の差が出ても不思議はないのです。

更に「一括見積サイト」で、実力ある施工業者に直接見積もってもらえるのですから、
これを使わない手はありません。
つまらないマージンは、これで支払わなくて済みます!

「新築同様になった」
「屋上でしてみたかったガーデニングのための防水工事を含む改修が予算内でできました」
「説明もとてもわかりやすかったです」
「仕事も丁寧で、安心して任せることができた」
こんな安堵の声と、お客さん・現場の写真が同時に掲載されているサイトがあります。

無料で相談ができ、まずは防水工事についての相場や、必要な工事について聞くことができます。

また、実際に工事を検討する際にも、
地元で実績ある施工業者だけを紹介してくれますので、何より安心。
また、営業を受けるのが苦手という人、複数の見積もりから1社を選び他を断ることに気がひけるという人にもお勧め。
防水工事推進協会が代理で調整をしてくれます。

もちろん、「すべてお任せ」という訳にはいきません。
どれだけの金額を出せるのか、その予算内で何をしたいのかを決めるのはあなた自身。
そのためにも、多くの事例から事前に学んでおく必要があります。
アドバイザーからの助言も得られますから、良い工事がスムーズに進むこと請け合いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ