環境に優しい新しいアスファルト防水の利点


環境に優しい新しいアスファルト防水の利点をもう少し挙げてみましょう。

◆有機溶剤や化学物質を含まない防水層
常温工法のアスファルト防水ですので、溶融の際に発生させてしまう溶剤や化学物質を発する事がありません。
作業者や近隣に余計な臭いや負担をかけずに施工する事が出来るので、安全性が高いアスファルト防水となります。
また、溶融しない事で現場周辺を汚す事もありませんので、綺麗な防水層を作る事が出来ます。
ご近所への影響を気にせずアスファルト防水が出来るので、安心して工事を行う事が出来ます。

◆火事等の心配が不要
アスファルトを溶融しないアスファルト防水ですので、従来のように火を使う事がありません。
その為、現場の安全性が高まります。

◆作業性の向上
アスファルトを溶融しながら防水層を作る工法ではないので、施工器具が少なく作業性を高める事が出来ます。
一般的なアスファルト防水と比べて、工期を短くさせる事が出来ます。

◆溶融しないので室内の防水にも使う事が出来る
溶融したアスファルトを使用しないアスファルト防水ですので、屋外だけではなく室内の防水にも採用する事が出来ます。
機械室や地下倉庫の床等、室内で床の防水を高めたい場所も床にも、安心して使う事が出来ます。

アスファルト防水は臭いが嫌だと敬遠される事もありましたが、常温で施工が出来るアスファルト防水であれば
臭いを気にせず工期短縮にも繋げながら、防水工事を行う事が出来ます。
アスファルト防水は寿命が長い防水であり、常温アスファルト防水は防水の改修工事にも最適ですので是非検討してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ