太陽光と一体化した屋上防水のメリットその3

引き続き、日本で初めて作られたのが住ベシート防水のサンロイドDMソーラーシートのメリットを順番にご紹介します。

◆フラットな太陽光発電なのに10%以上の電量取得
太陽光発電と言えば、太陽に向けて角度付けてパネルを設置する事で、発電を発揮させます。
屋上防水と太陽光発電パネルをプラスした防水シートですので、フラットな太陽光パネルとなります。
一見発電量が乏しいように思えるかもしれませんが、特殊な太陽電池を防水シートに装着しているので発電量が高く、
一般的な結晶系太陽電池よりも10%以上多い発電を行う事が出来ます。

◆防水層も太陽光発電も10年保証
防水層と一体化した太陽光発電ですので、防水層と同じ期間の保証期間となります。
10年の防水保証が付いている物が定番であり、10年間は不具合に対応してもらう事が出来ます。
更に、太陽光発電装置が付いている防水層は特殊な防水シートを採用しているので、一般的な防水シートよりも寿命が長い特徴があります。

◆低照度時にも発電可能
太陽電池は低照度を受けると、発電しにくい傾向があります。
防水層と太陽光発電とが一体化した防水シートは、一般的な結晶系の太陽電池と比べると低照度でも多く発電効果を発揮してくれます。
曇りの時や朝晩等、照度が低い時でも発電を発揮してくれますので、多くの蓄電を得る事が出来ます。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ