太陽光と一体化した屋上防水のメリットその1


前にお伝えした、日本で初めて作られたのが住ベシート防水のサンロイドDMソーラーシートのメリットを順番にご紹介します。

◆狭く凹凸がある場所でもソーラーパワー
太陽光発電装置を設置する場合は、ある程度の広さと平坦さが必要となります。
防水層と太陽光発電のパネルが一体化しているので、狭い部分でも凹凸がある部分でも施工が可能です。
R面であっても、下地の25㎜の断熱材を敷く事が可能であれば、施工可能です。
従来太陽光発電設置が難しいと言われていた屋上でも、太陽光発電を可能にする事が出来ます。

◆軽量な太陽光発電
太陽光発電装置を設置すると、パネルや金具、架台が必要となるので、屋上にかかる荷重の負担が非常に大きくなってしまうのが難点と言われています。
防水層の中に太陽光パネルの要素が入っているシートですので、太陽光発電装置を設置するのと比べて、1/20程の重さにする事が出来ます。
重さを気にする事なく太陽光発電効果を設置出来るので、大きな面積に施工をしても大きな重量がかかる心配がありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ