アスファルト防水の不具合のチェックポイント


平面の防水層のヒビ割れやふくれ
立ち上がりのアスファルト防水層にヒビが見受けられたら、
防水層の膨れが生じてしまい、内部で雨漏りが起きている可能性があります。
表面の極細のヒビであれば問題ありません。
紙一重の太さで防水層が破断してしまう可能性はありますので、
早めに対応しましょう。

◆ドレン周りの不具合
ドレン周りの防水の口が開いたりヒビが入ったりなど、
不具合が起きてくると雨水などが浸食してしまい
雨漏りに繋げてしまう事があります。
特にドレン周りは不具合が起きやすい部分ですので、
特に注意して点検をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ