アスファルト防水について

アスファルト防水とは、合成繊維不織布に対してアスファルトを浸透させコーティングしたものを、貼り重ねていく防水方法です。
このアスファルト防水には100年以上の歴史があり、現在でも防水業界において主流な工法として使われているため、信頼性の高い防水であると言えます。
アスファルト防水の信頼性の高さは歴史だけでなくその防水性にもあり、施工を行うことで一点の隙間のない連続した防水層が完成ます。
アスファルト防水にも種類があり、熱工法、トーチ工法、常温工法などがあります。
それぞれの特徴としては、熱工法の場合は、アスファルトを全面に貼るので隙間ができにくく防水性能が高いことです。
トーチ工法の場合、大規模な設備がいらないので簡単な作業で防水層を作ることができ、煙がほとんど出ないため手軽にできることです。
常温工法の場合は火器を使用しないで作ることができるため、環境にやさしく人にも危険が及ばないメリットがあります。

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ