ご自宅の屋上について、修理や修繕を考えたことはありますか。 日ごろからこまめにメンテナンスはしているでしょうか。

普段、特に注意して見ることのない場所ですし、大きなトラブルが頻発する場所ではありませんから、あまり気にかけることはないかもしれません。 しかし、普段気にしない場所だからこそ、トラブルが起きてからでは手遅れということがよくあります。

屋上の床にひびやしわがあったり、排水溝がさびていたりしていたら、できるだけ早く専門の業者に見てもらったほうがよいでしょう。

さまざまな業者があり、どういったところに頼めばよいのか不安に感じることもあるかと思うので、業者に頼む際には、まず数社から見積もりを出してもらいましょう。

工法や費用について丁寧に説明をしてくれる、信頼できる業者を見つけることが大切です。

また、複数の見積もりが取れる、防水工事の見積もりサイトもあります。 上手に利用していきましょう。

このサイトでは、屋上の防水工事に関する情報をのせています。

環境に優しい新しいアスファルト防水とは

アスファルトルーフィングといえば、非常に評価が高い頼もしい防水工法です。 しかし、防水施工の際に発生する煙などの臭気が問題視され、どうしても敬遠されがちな防水工法と言われています。 アスファルト防水は優れた防水工法という・・・

地下室の防水のポイント

躯体の力が低くなってしまい、基礎としての強い力を発揮できなくなってしまいます。 基礎がもろくなり建物自体の強度が弱くなってしまうので、恐ろしい状態となってしまいます。 そのような最悪な状態にならないよう、地下室に綿密な防・・・

地下室は必ず防水工事を行わなければいけない理由

地下に部屋を作る際に配慮しなければいけない大事な事は、地下水問題です。 地盤の中には、意外と水が多い事ご存じでしたか。 想像以上に地下水があり、地下室に大きな影響を与えてしまいます。 地下質を作る際に地下水を考慮しなけれ・・・

防水工事の耐用年数(築年数と工事費用の関係)

コンクリート系の建物を例に、防水工事の大まかな解説をしましょう。 ◆建築から10年 5年を1サイクルに、トップコートを施します。 防水に必要な凹凸部分を中心に、細かなヒビを整えて 建築時の防水効果を維持する時期です。 こ・・・

防水層が劣化する原因

建物が建ってからの手入れのタイミングにより必要な手入れは異なります。 これらの手入れの違いはどこからくるのでしょうか。 一番に挙げられるのが紫外線です。 主婦の方ならもしかして知識のあるかもしれない「鍋のコゲ」の取り方。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ