ご自宅の屋上について、修理や修繕を考えたことはありますか。 日ごろからこまめにメンテナンスはしているでしょうか。

普段、特に注意して見ることのない場所ですし、大きなトラブルが頻発する場所ではありませんから、あまり気にかけることはないかもしれません。 しかし、普段気にしない場所だからこそ、トラブルが起きてからでは手遅れということがよくあります。

屋上の床にひびやしわがあったり、排水溝がさびていたりしていたら、できるだけ早く専門の業者に見てもらったほうがよいでしょう。

さまざまな業者があり、どういったところに頼めばよいのか不安に感じることもあるかと思うので、業者に頼む際には、まず数社から見積もりを出してもらいましょう。

工法や費用について丁寧に説明をしてくれる、信頼できる業者を見つけることが大切です。

また、複数の見積もりが取れる、防水工事の見積もりサイトもあります。 上手に利用していきましょう。

このサイトでは、屋上の防水工事に関する情報をのせています。

防水工事のメンテナンスを行おうと思うきっかけ

防水工事のメンテナンスを行おうと思うきっかけは、主にこれらが挙げられます。 防水工事のメンテナンス完了後、これらの不具合がスッキリ解決する事で防水工事のメンテナンスが完了したと言えます。 防水工事のメンテナンスを完了したのに、これらの不具合が解決していないようでは、防水メンテナンスの意味がありません。 防水工事のメンテナンスのきっかけになった事を解決させる為には、事前に業者にその旨をきちんと伝える事が大事となります。 こんな風に雨漏りがした、このように見える部分が気になるなど、精一杯解りやすく説明して手伝えましょう。 きちんと伝えなければ100%伝わらない事で、満足できる防水メンテナンスにならない場合があります。 防水のメンテナンスの際は既に不具合が起きている事がありますので、お客様と業者が互いに協力しなければ解決に導かない場合があります。 業者任せにせず、どのような状態で不便をこうむって防水のメンテナンスを行いたいのかを細かく説明しましょう。 防水のメンテナンスが終わったら、建物内部の雨漏りによる不具合のメンテナンスも行わなくてはいけません。 屋根裏の構造材や断熱材の状態、壁中の構造材や断熱材の状態、内壁や天井仕上げ材の状態等を元通りにします。 防水の補修が完了しても、これらの部分を放っておくと建物の寿命を短くさせてしまいますので致命的な影響を与えてしまいます。 全て綺麗にし、スッキリとした建物で快適に過ごしましょう。

防水工事のメンテナンスを行う事は問題解決に繋げなくてはいけない

防水工事のメンテナンスを行うという事は、問題を解決する為に行う工事という事になります。 その為、防水工事のメンテナンス完了後は、問題が全て解決していなければ意味が無いという事となります。 きちんと問題解決が出来るよう、最適な防水工事のメンテナンスを行いましょう。 防水工事のメンテナンスを行う際の問題は、これらが挙げられます。 ・屋上防水からの明らかな雨漏り ・屋上防水の表面劣化が気になる ・防水ドレンの流れが悪い ・外壁からの明らかな雨漏り ・外壁表面の劣化 ・外壁コーキングの切れ ・内壁や天井に雨染みがある ・家の中が明らかにカビ臭い 防水工事のメンテナンス完了後、これらの不具合がスッキリ解決する事で防水工事のメンテナンスが完了したと言えます。 防水工事のメンテナンスを完了したのに、これらの不具合が解決していないようでは、防水メンテナンスの意味がありません。

防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントその3

防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントももう3回目となりましたね。 ◆音や臭いは発生しないのか アスファルト防水は独特のアスファルトの臭いを発してしまい、塗膜防水も多少の塗料の臭いを発してしまいます。 また、足場の上り下りの際に金属音を発してしまいますので、多少の騒音となってしまいます。 ◆防水工事の目安の日数 防水の種類や屋上の広さにもよりますが、一般的には足場設立、防水工事、足場撤去までの期間に2週間程かかります。 屋上での工事ですので、この間ずっとお客様が自宅に居なければならないという事はありません。 ◆防水工事は資格が必要な工事? 防水工事は、その防水工事の種類別に技能士があります。 アスファルト防水、シート防水、塗膜防水等、防水の種類ごとに分かれています。 その防水工事ごとの技能士を持っている人を1人以上配置しなければ、防水工事を行う事が出来ないという決まりになっております。 この様なポイントを把握して防水工事のメンテナンスを計画すると、非常にスムーズに工事を行う事が出来ます。 防水工事というのは通常見えない部分の工事となりますので、他の工事と比べると非常に解りにくい工事となります。 その為、解らないままに工事を依頼するのではなく、納得できない事は業者に問い合わせて納得した上で防水工事を行ってもらうようにしましょう。

防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントその2

引き続き、防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントについてお話しします。 ◆防水のメンテナンスの際は外壁メンテナンスも一緒に行おう 防水のメンテナンスの際には外部足場を設立するので、外部足場設立の際に一緒に行う事が出来るメンテナンスは一緒にすべきです。 外壁の高圧洗浄や塗装、コーキング、軒天の塗装等、防水工事のメンテナンスの際に一緒に点検をし、 不具合があれば一緒に行う事で外部足場の仮設費の節約に繋がります。 建物1件にかかる外部足場の費用は想像以上の高さですので、1度で済むように他のメンテナンスも行う事がコストダウンに繋がります。 ◆なぜ防水層のやり直しの方が新築の防水工事より高くなるのか 防水層のやり直しのメンテナンスの場合は、既存防水材を剥がして不具合部分を補修した後、新規防水工事を行います。 新築の際の防水工事は、撤去や補修費用がかかりません。 したがって、費用に誤差が出ます。 劣化した状態を補修した上で新しい防水層施工となりますので、自ずと費用が高くなってしまいます。 ◆狭小地の屋上防水でもメンテナンスが可能なのか 狭小地の場合は、屋上に上がる際の足場設立に問題が発生してしまいます。 外部ビデ足場の設立が難しい場合は、奥行き600㎜等の狭い外部ビデ足場を採用する事も可能です。 奥行き600㎜の足場材の設立も難しい場合は、高所作業車にて外部足場の代わりとする事も出来ます。 狭小地でも施工は可能ですので、問題ありません。

防水工事のメンテナンスを考えている際に知ってほしいポイントその1

防水工事のメンテナンスを依頼する際に、様々な疑問にぶち当たる事があると思います。 防水工事というのは特殊な工事ですので、疑問に思っても解決できない人は多いと思います。 ◆防水工事のメンテンスは防水屋さんに依頼するべきなのか 防水工事のメンテナンスは防水屋さんが行うのですが、メンテナンスの場合は防水部分以外も絡んで防水のメンテナンスを行う場合があります。 その為、防水屋さんにメンテナンスを依頼すると、防水以外に行わなければいけない部分のメンテナンスが出来ず、 防水のメンテナンスを万全に行っても雨漏りする防水にしてしまう事があります。 防水に付属している部分の脆弱な部分の耐久性を高めなくてはいけない場合がありますので、 他の取合い部分のメンテナンスを行う事も出来る業者に依頼する事がベストです。 様々な部分も含め、万度なメンテナンスに導く事が出来ます。 ◆数年後に防水工事を行う前の延命措置は可能なのか 数年後に防水工事のメンテナンスを行おうと思っているけれど、既に防水の劣化が気になるようになり、 どうにかならないのかと気にされる方も多いと思います。 そういう場合は、トップコートを塗布して延命措置を行いましょう。 防水層のトップコートは、塗料と同じように扱って塗布します。 その為、DIYで行う事も可能と言えますが、均一な厚みで塗布をしなければ防水効果を上手く発揮してくれません。 丁寧に均一に塗布を行うようにし、自信が無い場合は業者に依頼して塗布してもらいましょう。 また、ドレンの清掃も延命措置には欠かせないので、こまめに行うようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ